かつて「爆買い」でサッカー界を席巻した中国スーパーリーグ。その後、外国人選手獲得に100パーセントの税金を科したり、23歳以下の選手起用を義務付けるなど“手入れ”が行われた。

だが、リーグのルールが大幅に変更になったようだ。『A Bola』が伝えている。

中国メディアによると、今週の総会で満場一致で採択された新ルールは来季から導入されるとのこと。主な変更点はこのようなものだとされている。

・U-23選手の起用義務の廃止(これまではピッチ上にいる外国人選手と同数かそれ以上の起用が義務付けられていた)

・外国人GKの許可(中国人GKの育成を目的として定めていた協会の施策が完了)

・外国人選手枠は最大4つ。3人まで先発起用が可能で、もうひとりをベンチ入りさせられるが、出場させる場合には外国人選手との交代に限る。

・ACL出場チームは5人目の外国人を獲得可能。ただし、アジア国籍を有した者に限る。

・各チームは給与制限(500万ユーロ≒6.4億円)を超えて外国人選手を雇う権利を持つ

・移籍金が250万ユーロ(3.2億円)を超えない場合、香港、マカオ、台湾の出身選手は外国人としてカウントされない

これらの新ルールはすでに議論されてきたものだそうで、多くのクラブは今季の時点ですでに適合したチーム作りを進めていたとのこと。