今季PSGへ移籍し、フランスでプレーしているジャンルイージ・ブッフォン。

テレビ番組『Canal Football Club』に出演した彼は「現在世界最高の守護神たち」を3人挙げるなど様々な話題について語った。リーグアンで最も印象的だった選手については、こう述べたようだ。

ジャンルイージ・ブッフォン

「フランスに来てから、最も印象に残っている選手について?

リリアン・テュラムの息子(ギャンガンFWマルキュス・テュラム)のことはよく知っているよ。非常に強い選手だね。

でも、最も感銘を受けたのは、リヨンのメンフィス・デパイと言えるだろう」

ブッフォンとテュラムはユヴェントスやパルマでともに戦った盟友。息子マルキュスとは対戦後にユニフォームの交換もしており、印象に残っているようだ。

ただ、最も強烈なインパクトがあったのは、オランダ代表FWデパイだとか。

リヨンのメンフィス・デパイ

2人はリーグアン第9節で対戦しているが、試合はパリが5-0で勝利している。