5試合勝利なしと苦境に陥っているレアル・マドリー。月曜日の練習ではセルヒオ・ラモスが若手DFセルヒオ・レギロンにキレるという出来事が話題に

そうした中、ラモスはSNS上でこの件について謝罪した。

セルヒオ・ラモス

「そう見えなかったかもしれないけど、あれはごく当たりまえの状況だった。

とはいえ、言い訳にはならない。自分のリアクションはあってはならないものだった。

僕らは常に全力でやる。レギ、そうだろ?最後にはチームで勝利する」

これに対して、レギロンも「いつもチームとキャプテンとともにある、明日の勝利のために!」と反応。これで一件落着だろうか。

レアルはミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグでチェコのヴィクトリア・プルゼニと対戦する。