宮市亮が劇的な復活を遂げ、再び注目度が高まるザンクトパウリ。その試合で着用したアウェイキットは、宮市の“復帰ユニ”として記憶に残ることだろう。

今季のアウェイとサードの両キットは、流石というべきか、どちらも“型にはまらない”デザインが面白い。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

St. Pauli 2018-19 Under Armour Away

ザンクトパウリ 2018-19 Under Armour ユニフォーム

今季のアウェイキットは、まるでマスキングテープを細かく切り貼りしたようなストライプが特徴的。ホワイトを基調にブラウンのストライプは90年代に多く見られたが、最近では2011-12シーズンのホームキットにも使われていた。

ザンクトパウリ 2018-19 Under Armour ユニフォーム

前面とは異なり、背面はホワイト一色。首元にはレインボーカラーのテープを配する。

ザンクトパウリ 2018-19 Under Armour ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、パンツはホワイト、ソックスはホワイト/ブラウンのストライプ柄をが基本スタイル。

第6節インゴルシュタット戦で公式戦復帰を果たした宮市は、このキットを着て劇的な決勝点を挙げた。