大怪我を乗り越えた宮市亮が嬉しい復帰後初ゴールを決めた。

ドイツ2部第6節インゴルシュタット対ザンクトパウリ戦の後半25分から途中出場し、2017年5月以来となる公式戦復帰を果たす。

すると、後半37分にその場面はやってきた。右から中央に入って、後方からのボールに飛び出した宮市。バウンドしたボールをヘディングで合わせると、飛び出してきたGKの頭上を抜いてゴールに…。

得点後に手を突き上げた宮市は豪快にガッツポーズも!そして、味方選手からも祝福されていた。

これが決勝点となり、ザンクトパウリは0-1で勝利。宮市にとっては、2016年5月以来2年以上ぶりとなるゴールだった。

復帰戦でゴールを決めたザンクトパウリ宮市亮

最高の形で復帰戦を飾ることに成功した宮市について、『Transfermarkt』は「夢のようなカムバック」と伝えていた。