クラブ史上初のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝に進出したペルセポリス。以前は「ピルズィ」の名で知られていた首都テヘランの強豪クラブだ。

ユニフォームは昨季までJoma製を使用していたが、今季から中国のLi-Ning(李寧/リネイ)と契約。同社はかつてエスパニョールやセビージャ、セルタのキットサプライヤーを務めたこともある。

ACL決勝ファーストレグはホワイトのアウェイキットを着用したが、ホーム開催のセカンドレグでは、レッドのホームキットを着用する。このユニフォームの色が愛称“レッド・アーミー”の由来となっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Persepolis 2018-19 Li-Ning Home

ペルセポリス 2018-19 Li-Ning ユニフォーム

キットカラーはクラブ創立以来変わらないレッド。Li-Ning製初のキットデザインはジグザグのグラフィックが目を引く。そのコンセプトは不明だが、テヘラン北東部にそびえ立つイランの最高峰「ダマーヴァンド山」を描いたようにも見える。

ペルセポリス 2018-19 Li-Ning ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、パンツとソックスもレッドを基調。ACL用のキットは規定によりスポンサーロゴの数が少ない。

ペルセポリス 2018-19 Li-Ning ユニフォーム

しかし国内リーグ用はご覧の通り、中南米や北欧のクラブに引けを取らない、にぎやかな雰囲気となる。イランの携帯電話事業者「MTN Irancell」が胸スポンサー。

Persepolis 2018-19 Li-Ning Away

ペルセポリス 2018-19 Li-Ning ユニフォーム

こちらは鹿島との決勝ファーストレグで着用したアウェイキット。ホワイトを基調にレッドの差し色で彩る。