昨季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝で対決したリヴァプールとレアル・マドリー。セルヒオ・ラモスとムハンマド・サラーの一件で遺恨が残ることに…。

そうした中、フィルヒル・ファン・ダイクの発言が話題になっている。オランダ紙『Telegraaf』のインタビューでこう述べたのだ。

フィルヒル・ファン・ダイク(リヴァプールDF)

「ラモスはベストじゃない。偉大な選手だし、彼が成し遂げたことには敬意を払うよ。

だが、彼は僕のタイプであるCBじゃないね。

レアルでラモスのチームメイトであるラファエル・ヴァランが僕のお気に入りさ。

優秀なディフェンダーだよ。若くして多くを勝ち取ってきた」