昨年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝で対戦したリヴァプールとレアル・マドリー。

この試合でムハンマド・サラーを負傷させてしまったセルヒオ・ラモスとリヴァプールには遺恨のようなものが生まれることに。

そんななか、リヴァプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの発言が話題になっている。英紙『Guardian』のインタビューでこう述べたのだ。

トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプールDF)

「誰もが自分自身の勝ち方を持っている。

彼(ラモス)は10年以上に渡って、自分が勝者であることを見せつけてきた」

「彼のチーム(レアル)も同じだよ。CLを3連覇するのは大変なことだ。

ラモスは近年において世界最高のセンターバックだろうね。

5月(CL決勝)の彼は敵だったとしても、選手としての彼をリスペクトしなければいけないよ」