25日、JFL昇格をかけた全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2次ラウンドの最終節が行われた。

前節で勝点6とした鈴鹿アンリミテッドFCが2位以内を確定させており、勝点4の松江シティFC、勝点1のFC刈谷が最後の切符を争うこととなった。

先に行われた試合でFC刈谷はJ.FC MIYAZAKIを4-1で撃破し、勝点を4に乗せて最後の結果を待つことに。

対する松江シティFCは、その後の試合で鈴鹿アンリミテッドFCと対戦。キックオフからわずか2分で酒井達磨のゴールが決まり先制すると、30分にも長谷川翔平の追加点が飛び出した。

このリードを最後まで守りきり、勝点を7に乗せた松江シティFCが首位を確定させ、同時にJFL昇格の権利を獲得した!

松江シティFCは先月行われた全国社会人サッカー選手権大会に続き、社会人の全国タイトル二冠を達成している。