フランス・リーグアンのギャンガンは27日、「女子チームに所属していた元フランスU-19代表DFオセアヌ・ロゴンが死去した」と報じた。

オセアヌ・ロゴンは今年20歳になるディフェンダー。フランス女子U-19代表に選出されていたほか、フットサルのU-19代表でもキャプテンを務め、さらに学生時代はテニスでも優秀な成績を残したというスポーツエリートだったとのこと。

しかし彼女は数ヶ月前に難病を抱えていることが判明し、すでに余命は僅かであると診断されていたという。

その病気の内容については明かされていないが、メディアでは白血病、あるいは脳腫瘍だと伝えられている。

ギャンガンは今年3月にもU-12のチームに所属していたバプティスト・ル・フォルが死去しており、不運が相次いでいる。