今季からウナイ・エメリ監督体制となったアーセナル。ここまでプレミアリーグでは5位につけている。

ここでは、『sportskeeda』による「1月に獲得するかもしれない3人のターゲット」を見てみよう。

マウコン(バルセロナFW)

マウコン

彼はアーセン・ヴェンゲル監督が在任当時にアーセナルが獲得すると噂されていた選手だ。

今年1月にスパーズとの獲得レースが報じられたが、指揮官が選んだのはゴールスコアラーであるピエール・オーバメヤングだった。

その決断は正しかったが、今のアーセナルはウィンガーかサポート力のあるFWを必要としている。

バルサでプレータイムを得られていないマウコンは、テクニックと得点センスと申し分ない能力を兼備。

とはいえ、アーセナルでもアレックス・イウォビやヘンリフ・ムヒタリャン、エミール・スミス=ロウらとのポジション争いは熾烈になるはず。