来週末に開幕を迎える2018-19シーズンのプレミアリーグは、今月9日に移籍市場がクローズされる。

ということで、今回は『sportskeeda』による「デッドラインデイでプレミア行きが決まるかもしれないビッグネームたち」を見てみよう。

クロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチ(インテル→マンチェスター・ユナイテッド)

クロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチ

ジョゼ・モウリーニョ監督とアントニ・マルシャルとの間に問題が存在していることは周知の事実だ。

すでに彼のエージェントが選手はクラブを去りたがっているとメディアに公言している。

一方のモウリーニョも事態をよくするために動くことはなかった。記者会見でネガティブな姿勢を示し、マルシャルの現状について答えるのを拒んだのだ。

もしマルシャルが今夏退団した場合、ユナイテッドは即座の代役を求めることだろう。ペリシッチなら完璧にフィットするはずだ。