かつてパウロ・ディバラやエディンソン・カバーニもプレーしたパレルモ。

チームは現在セリエBで首位に立っているのだが、わずか10ユーロ(1,284円)でのクラブ売却が決まったようだ。

『BBC』によれば、オーナーであるマウリツィオ・ザンパリーニ氏が認めたとのこと。

2002年にクラブを買収した同氏は45回も監督を代えてきたことで知られるが、昨年に会長職を辞任。ただ、合意していたクラブ売却が同氏によってご破算にされた後、彼の後任はクラブを去っていたという。

ザンパリーニ氏はクラブを手放すのは非常に悲しいとつつ、「象徴的な価格」で、ロンドンにある会社にクラブを100%売却したと認めたとのこと。

マウリツィオ・ザンパリーニ

「このところの目標は、自分にはもはやできない投資が可能で、自分がやってきた仕事をより多くの経済力によって続けられる人物を見つけることだった。

新たなロンドンのオーナーはスタジアムと練習場の建設を実行に移すことだろう」