2018年のJリーグも昇降格プレーオフを除いて終了し、各クラブは来季に向けてのチーム構成をスタートさせている。

そこで今回は現在フリーエージェントになっている20代の選手を特集してみよう。『Transfermarkt』の市場価値でTOP10を抽出してみたぞ。

10位:マールコー・フターチュ (ハンガリー / FW)

年齢:28歳

価値:135万ユーロ(1.74億円)

マールコー・フターチュ

196cmという巨体を持つハンガリー人ストライカー。2016年から所属していたハイデュク・スプリトでは37試合で20得点を決め、レベルの高さを見せつけたものの、怪我の影響もあってチームを離れている。

先月のインタビューでは「もう膝は万全だ、またプレーしたい!」と意欲を見せており、MTKブダペストでトレーニングをしながらクラブを探しているとのことだ。

8位:デニス・ディークマイアー(ドイツ / DF)

年齢:29歳

値:150万ユーロ(1.93億円)

昨季はハンブルガーSVで酒井高徳や伊藤達哉とともにプレーしていた右サイドバック。188cmという巨体を持ったディークマイアーは、契約交渉が不調に終わったことでチームを離れている。

トルコのベシクタシュ移籍の噂があったが、それはすでに消滅している。今はケルン付近で個別練習をしているが、具体的なオファーはまだないという。