2018年も残り20日ほどになった。年が明けた来年2019年には、FIFA女子ワールドカップも行われる。

そうした中、英紙『Guardian』は「2018年女子サッカー選手ベスト100」を発表していた。

なでしこジャパンこと日本女子代表から選ばれたのは…。

18位 熊谷 紗希(リヨンMF)

62位 岩渕 真奈(INAC神戸レオネッサFW)

女子バロンドール候補にもノミネートされた、なでしこの主将である熊谷がアジア人トップの18位に!(前年は23位)

熊谷 紗希
『Guardian』

「熊谷 紗希:

守備的MFはふさわしい評価を必ずしも受けているわけではない。だが、熊谷のTOP20入りは評価の証だ。

ゲームにおいて最もクラッシーなひとりであり、MFとDFで任務を兼務できる。

無双リヨンでは常にスタメンというわけではなかったが、彼女にとって2018年の大きな成功は日本代表にあった。

代表キャプテンとして宿敵オーストラリアを撃破しアジアカップを勝ち取り、トップ選手(熊谷)にとってまたも素晴らしい年に」