今週末に迫ってきたUEFAチャンピオンズリーグ決勝。男子より一足早く女子CLのファイナルがキエフで行われた。

今年の顔合わせは、ヴォルフスブルクvsリヨン。試合後半にヴォルフスブルクに退場者が出た一戦は、両チーム得点なく延長戦へと突入する。

そこでヴォルフスブルクがまさかの先制に成功するも、リヨンが意地の反撃。延長前半で3点を奪取して逆転すると、さらに後半にも1点を追加!

結局、1-4で逆転勝ちしたリヨンが女子CL3連覇を成し遂げた。

なでしこジャパンのキャプテンでもあるリヨンの熊谷紗希はボランチとして決勝戦に先発すると95分までプレー。見事に3連覇に貢献してみせた。

同点ゴールを決めたリヨンMFアマンディーヌ・アンリも「自分のことをカバーしてくれるサキとマロ(ドイツ代表MFジェニファー・マロジャン)がいてくれて私はラッキーだった」とその存在を讃えていた。

なお、リヨン女子は国内リーグ12連覇もすでに決めている。