今年6月、オランダ1部NACブレダとプロ契約を結んだシドニー・ファン・ホーイドンク。

【関連記事】小野伸二の元同僚ファン・ホーイドンクの息子、初のプロ契約

彼はフェイエノールト時代に小野伸二(現コンサドーレ札幌)とプレーし、当時、世界的なプレースキックの名手として知られた元オランダ代表FWピエール・ファン・ホーイドンクの息子だ。

その彼が、8日に行われたNACとアヤックスのU-19の試合でこんなゴールを決めた(1:47~)。

父親も得意としたフリーキック!

シドニーは今季、既にトップチームでプロデビューを果たし、これまで5試合に途中出場している。ただ、まだ18歳の彼は主にU-19で経験を積んでおり、今回、アヤックス相手にこの見事なキックでゴールを決めた。

188cmという身長は父親より一回り小さいものの、小刻みにステップを踏む助走はそっくり。シドニーは以前にもフリーキックから得点を記録しており、父親と同じく「FK職人」の雰囲気を醸し出している。

オランダはデイリー・ブリント、ジャスティン・クライファートなど名選手の息子たちが活躍しているが、シドニーもあとに続くことができるだろうか。