フランス紙『France Football』が主催するバロンドール授与式で、今年の年間最優秀若手賞を受賞したフランス代表FWキリアン・エンバペ。

『Telegraaf』によれば、彼は最近対戦したある選手に驚かされたという。

キリアン・エムバペ

彼はオランダとの2試合ですごい印象を僕に与えた選手だよ。

正直に言って、彼のパリ入りは大歓迎さ。

その洞察力とパスによって、貴重な存在になっているよね。また、ボールも奪える。

ちょっと彼と話したんだ。僕ら(PSG?)にとって大きなものになるかもしれないからね。

でも、選択は彼次第さ」

エムバペにこうまで言わせたのは、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング。

オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング

2人はUEFAネーションズカップで対戦したが、そこでのプレーに驚かされたエムバペはPSG移籍を勧誘したとか。

21歳のデ・ヨングはオランダでも最も評価されているヤングスターのひとりであり、バルセロナやマンチェスター・シティが獲得に乗り出しているとも伝えられている。