先日、エスパニョールとのダービーでフリーキックを2発叩き込んだバルセロナFWリオネル・メッシ。 

今や世界最高峰のフリーキッカーとなった彼を『Marca』が特集していた。

メッシはFKを蹴り始めたのは、2008-09シーズンから。今の蹴り方を習得してからは、407本を蹴って32ゴールを奪っているという。

また、バニシング・スプレーの導入で、9.15メートルの距離がしっかりとられるようになったことも、メッシのゴール増に寄与しているとか。

そして、メッシが変えた大きなポイントは、軸足とその角度(50度)だそう。

以前の蹴り方では、右足の外側で全体重のバランスを支えており、それが安定性と正確性を失わせていたという。

メッシ

今は蹴る前の右足全体がしっかりと地面に接地しているとのこと。

また、正確性を増すために、体の位置も変更。ボールにうまくヒットするように、肩と胸をアーチ状に曲げている。さらに、体のひねりも初期の頃と比べると変わっており、動きの完了がよりコンパクトになっているとのこと。