今夏、クリスティアーノ・ロナウドが加入したことで注目度が増しているセリエA。そんななか、こんなデータが話題になっている。

2007-08シーズン以降の欧州5大リーグ+UEFAチャンピオンズリーグで、最も多くフリーキックによるゴールを決めてきた選手のランキングだ。

『Corriere dello Sport』のスタッツをもとにしたものだそうで、トップ4はこの面子だという。

クリスティアーノ・ロナウド:40ゴール

リオネル・メッシ:28ゴール

ミラレム・ピャニッチ:18ゴール

アンドレア・ピルロ:15ゴール

最近はロナウドよりもメッシのほうがフリーキッカーのイメージが強いが、この10年ではこんなに差があるそう。

ピルロは引退したが、セリエAにはロナウドとピャニッチの他にもハカン・チャルハノール(ミラン)という名手がいる。今季のセリエAはプレースキックも大きな見どころかも!?