タイサッカー協会とテクニカルスポンサーのWarrixは18日、アジアカップ2019に向けたタイ代表の新しいユニフォームを発表した。

タイ代表は自国開催の国際大会「キングスカップ」に合わせて、今年3月末に2018年モデルをリリースしたばかり。それからおよそ9カ月と、驚きの早さでモデルチェンジとなった。

来年1月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるアジアカップのメンバーには、Jリーグでプレーするチャナティップ・ソングラシン(札幌)、ティーラシン・デーンダー(広島)、ティーラトン・ブンマタン(神戸)が、現時点で27名の代表候補に選ばれている。

2018年の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Thailand 2019 Warrix Home

タイ代表 2019 アジアカップ Warrix ユニフォーム

新しいホームキットは、これまでよりも深いブルーを基調。フランス代表の2018年アウェイキットにも似た織り模様が特徴で、これまでユニフォームに比べると洒落たデザインに仕上がっている。

タイ代表 2019 アジアカップ Warrix ユニフォーム

エンブレムの上には何も付いていないが、選手が着用するキットには、いつも通りに“王冠「五種の神器」”を付ける可能性が高い。