J1の鹿島アントラーズは27日、チームに所属するMF小笠原満男(39)が現役引退することを発表した。

地元・岩手の大船渡高校から1998年に鹿島へ加入した小笠原。

イタリアのメッシーナに在籍した1年間を除いて鹿島一筋でプレーし、2009年にJリーグMVPに輝くなどJ1制覇を7度、“常勝軍団”鹿島の心臓としてJ1通算525試合69得点を記録した。

また、日本代表としても2002、2006年と二度ワールドカップに出場するなど、55試合7得点を記録している。

突然の引退発表となったが、小笠原はクラブ公式で、

「今シーズンをもって、鹿島アントラーズで現役生活を終えるという決断をしました。これまで自分を支えてくれた方々、一緒に頑張ってきた選手達、応援してくれたサポーター、鹿島アントラーズに関わるすべての方々に感謝しています。」

と感謝の言葉を述べている。