大物外国人の参戦で大きな話題となった今年のJリーグ。

一方で「ベストヤングプレーヤー賞」の候補にはクラブで主力として活躍している選手の名前がずらりと並び、選定が難しくなるほど若手が豊作の年でもあった。

そこで今回は、ルーキーイヤーの今シーズンいきなりチームの主力に躍り出た選手を取り上げてみよう。

橋岡大樹(浦和レッズ)

橋岡 大樹

今季の浦和は途中、堀孝史氏の解任に伴い大槻ヘッドコーチが暫定として指揮をとったが、彼はかつての教え子である橋岡をリーグ戦で先発デビューさせた。

新人の登用も話題となったが、さらに驚かされたのがそのポジション。橋岡はユースではセンターバックでプレーをしていたが、トップチームではウイングバックで起用されたのだ。

慣れないポジションということもあり、攻撃面では当然物足りなさを感じるが、守備面は安定感があり、フィジカル負けをすることもない。特に、空中戦ではリーグトップクラスの勝率を記録するなど、能力の高さは数字にも表れている。

デビュー後はほぼ全ての試合でスタメン出場を果たし、天皇杯優勝にも貢献した。このタイトル獲得によって、チームは来シーズンACLに出場する。アジアの舞台でさらなる成長が期待される。