日本サッカー協会(JFA)は12月28日、AFCアジアカップUAE 2019に臨む日本代表メンバー23名の背番号を発表した。

■GK
1 東口順昭(ガンバ大阪)
12 権田修一(サガン鳥栖)
23 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

■DF
5 長友佑都(ガラタサライ/TUR)
20 槙野智章(浦和レッズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/ENG)
4 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
19 酒井宏樹(マルセイユ/FRA)
3 室屋成(FC東京)
2 三浦弦太(ガンバ大阪)
16 冨安健洋(シント=トロイデン/BEL)

■MF
17 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
8 原口元気(ハノーファー96/GER)
7 柴崎岳(ヘタフェ/ESP)
6 遠藤航(シント=トロイデン/BEL)
14 伊東純也(柏レイソル)
10 中島翔哉(ポルティモネンセ/POR)
9 南野拓実(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
18 守田英正(川崎フロンターレ)
21 堂安律(フローニンゲン/NED)

■FW
15 大迫勇也(ブレーメン/GER)
13 武藤嘉紀(ニューカッスル/ENG)
11 北川航也(清水エスパルス)

親善試合での背番号をそのまま踏襲しており、10番はやはり新生日本代表の象徴といえる中島。

怪我の浅野拓磨に代わり追加招集された武藤は、ロシアワールドカップと同じ13番を着用することになった。

森保一監督のもとタイトル奪還を目指すアジアカップは、年明け早々の1月5日に開幕。

日本代表はグループステージにおいて、9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。