来年1月にアジアカップを控える日本サッカー協会は25日、日本代表のトレーニングパートナーとして6名の若手選手を招集した。

招集されたのはいずれも東京五輪世代の将来性豊かな選手たちばかり。今回は、その顔触れをご紹介しよう。

菅原 由勢(名古屋グランパス)

菅原由勢

今年のJ1開幕戦で“革命児”風間八宏監督から先発に大抜擢された菅原。

17歳7か月でのスタメンは元日本代表MF稲本潤一(札幌を退団)がガンバ大阪時代に記録した17歳6か月に次ぐJリーグ史上2番目の若さであり、その後クラブ最年少でプロ契約を結んだ。

そんな彼も5月以降は代表やユースでの活動に戻り、今夏はワールドカップのトレーニングメンバーとしてロシアに帯同。10月に開催されたAFC U-19選手権では、U-20ワールドカップの出場権獲得に尽力した。

本職は右サイドバックだが、風間監督のトップチームでセンターバック起用されるなど汎用性が高い。日本サッカー協会も、「確かなテクニックとサッカーIQ、運動能力を兼ね備えた選手」と紹介している。