12日、来年1月5日に開幕するアジアカップに臨む日本代表のメンバー23名が発表される。

日本代表はワールドカップ後の新体制で4勝1分と非常にいい状態にあり、この5試合で招集したメンバーが中心となるのは確実。一方、森保監督は先月の会見で「未招集メンバーの選出はありうる」とも話し、先月末から欧州を視察してまわった。

そこで今回は、アジアカップのメンバー発表で“サプライズ”招集されるかもしれない5名の選手を選んでみた。

鎌田大地

鎌田大地

まずは何といってもこの男を挙げなければならないだろう。

昨季はブンデスリーガで辛酸を舐めたものの、今夏加入したシント=トロイデンで公式戦13試合11得点を記録している22歳は、現在の日本サッカー界で最も“旬”な一人だ。

【関連記事】鎌田大地、GKオチョアから無慈悲ゴール!現地紙も驚く(動画あり)

デビュー当時は中田英寿と比較されたように国内では攻撃的MFとしての印象が強い。しかしゴール前での冷静さと繊細な技術は日本でも屈指で、ベルギーでFWとして覚醒した。本人も「真ん中のポジションでプレーてきている」ことを好調の要因と語っている。

ただクラブでは余分な仕事を免除され攻撃に集中できている面があり、大迫の役割というよりは南野の代わりになる選手だ。