2018年の明治安田生命J2リーグを14位で終えた、ジェフユナイテッド市原・千葉。

フアン・エスナイデル監督体制の2季目も「ハイライン・ハイプレス」のスタイルを継続。J2屈指の破壊力を有し、リスクを負った攻撃サッカーを展開した。だが、一方で失点数は前年より大幅に増加。最終的には「72得点・72失点」と、派手な数字を残してシーズンを終えている。

戦力補強も着々と進むが、その中には18年ぶりの古巣復帰となる佐藤寿人の名も。既に背番号は11番に決定している。

その千葉が7日、新シーズンに向けたユニフォームを発表した。サプライヤーはKappa(株式会社フェニックス)で継続となる。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

JEF United Ichihara Chiba 2019 Kappa Home

J2 ジェフユナイテッド市原・千葉 2019 Kappa ユニフォーム

NEWキットのデザインコンセプトは「堅い絆」。サポーター、選手、スタッフ、地域の人々など、多くの人の想いを堅い絆で結び、一丸となって「強いチーム」を作ることを表現している。

色は2018年モデルから継続で蛍光イエローを採用。イエローカラーは、人間の持つ「集中力」と「判断力」を向上させるという。

J2 ジェフユナイテッド市原・千葉 2019 Kappa ユニフォーム

シャツには、Kappaがサポートするヨーロッパのトップチームのユニフォームにも見られるデザイン「KOMBAT KARBON(コンバット カーボン)柄」を採用。格子状のグラフィックが、強靭でハイパフォーマンスなサッカースタイルを連想させる。

J2 ジェフユナイテッド市原・千葉 2019 Kappa ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、新シーズンはソックスもイエローがメインカラー。サッカー界でもトレンドとなっている、全身同色コーディネートだ。