2017年夏にバルセロナからPSGに移籍したブラジル代表FWネイマールだが、いまもリーガへの復帰説が絶えない。

そうした中、スペイン紙『El Mundo』は、バルサへの復帰熱望説を報じた。

その内容は「ネイマールはパリ移籍を後悔しており、復帰を許してくれるようにバルサ首脳陣とこの数か月間に5度も接触した」などというもの。

この報道に対して、ネイマールの父サントス・シニアは「フェイクニュース」だと切り捨てた。

View this post on Instagram
“Fake News” da “Fake News” 🤷🏾‍♂️
Neymar Paiさん(@neymarpai_)がシェアした投稿 -

とはいえ、彼がPSGにいる限り、この種の噂話は消えないのかもしれない…。