2018年の明治安田生命J1リーグは12位と、不本意な成績に終わった横浜F・マリノス。

アンジェ・ポステコグルー新監督のもとでスタートした昨季は、堅守速攻からポゼッション型にスタイルを変更。しかし、なかなかチーム状態は安定せず、オセロのように白星と黒星を繰り返す。チームは苦境に立たされたが、それでもポステコグルー監督の方針にブレは無く、シーズン終盤にはやっと一つの“形”が見え始めた。

その横浜FMが13日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。デザインは伝統のトリコロールを継承。このキットを着て今季は巻き返しを図る。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Yokohama F. Marinos 2019 adidas Home

J1 横浜F・マリノス 2019 adidas ユニフォーム

NEWキットのデザインコンセプトは、「URBAN ELEGANCE TRICOLORE」。“都会的で優雅なトリコロール”とでも解釈できるだろうか。伝統のトリコロールを、モダンでスタイリッシュな横浜の街と重ね合わせている。

J1 横浜F・マリノス 2019 adidas ユニフォーム

胸のホワイトは、“選手とサポーターが共に新たな歴史を描いていく広大なキャンパス”をイメージしたという。

J1 横浜F・マリノス 2019 adidas ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じに。パンツはホワイト、ソックスはレッドで、それぞれの色は昨季から継続となる。