先日、リヴァプールの選手としてFAカップ史上最年少出場を果たした16歳のDFキ=ヤナ・フーフェル。

夢のトップデビューから1週間、今度は辛い出来事が待っていた。

ブライトンとのU-23マッチに先発したのだが、前半21分に退場になってしまったのだ。

カウンターを受けた場面で相手FWと体を入れ替えられてしまったフーフェル。

味方DFと1vs1になりゴールに迫る相手を後ろから突っかけてしまったとして退場を言い渡された。

ただ、激しい接触ではなかったため、厳しすぎる判定として現地で物議を醸しているようだ。