2018年の明治安田生命J2リーグを11位で終えた徳島ヴォルティス。

シーズン前半は慢性的な得点力不足に苦しんだ。だが、ピーター・ウタカとダビド・バラルの途中加入で状況は好転し、一時はプレーオフ圏内の6位に迫る勢いを見せた。しかし6位を目前にして思いもよらぬ連敗地獄に陥り、結局は前年の7位を下回る順位でフィニッシュとなった。

その徳島が10日、2019シーズンに向けた新しいユニフォームを発表した。サプライヤーはMizuno(ミズノ)で継続する。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Tokushima Vortis 2019 Mizuno Home

J2 徳島ヴォルティス 2019 Mizuno ユニフォーム

NEWキットのデザインコンセプトは、徳島県を代表する「鳴門海峡の渦潮」。プレーオフ圏を目前に失速した昨季の悔しさをばねに、さらに力強さを増していく勢いを“渦潮の水しぶき”で表現している。

J2 徳島ヴォルティス 2019 Mizuno ユニフォーム

シャツはクラブカラーで彩り、渦潮や藍に代表される徳島の「ブルー」をベース。そして眉山に代表される自然の「グリーン」、そして情熱の「レッド」を差し色に使う。

J2 徳島ヴォルティス 2019 Mizuno ユニフォーム

パンツにもブルーを使用。上の画像には無いが、ソックスの色はネイビーを基調とする。