『NU』は24日、「フェイエノールトのジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト監督は、今季限りで退任する意向を示した」と報じた。

かつてレンジャーズ、アーセナル、バルセロナなどでプレーしたファン・ブロンクホルスト氏は、引退した2011年からフェイエノールトのコーチとして働いてきた。

2015年からはトップチームの監督として指揮を執り、この4シーズンでリーグ優勝1回、カップ戦優勝2回という実績を残している。

しかし、彼は今季を最後にフェイエノールトから離れる方針であることを明かし、新しい挑戦に向かうことを宣言したという。

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト

「このシーズンが終わった後もフェイエノールトの監督を務めたいと思うかどうか、多くのことを考えてきた。ここは私の心に刻まれているクラブだから、難しい決断だった。

しかし、私はこれまでのキャリアで常に自分の気持ちを大事にしてきた。そして、今私はそうするべきではないと感じている。それでいいのだ」

「今季はまだ争うべきものがたくさんある。このリーグ戦を通じて、あるいはカップ戦で、ヨーロッパのコンペティションへの出場権を手にしなければならない」