昨年夏からディエゴ・マラドーナ氏が監督を務めているメキシコ2部リーグのドラドス・デ・シナロア。

守護神であるGKガスパール・セルビオはあるタトゥーを彫ったことをSNS上で報告したのだが…。

View this post on Instagram
“Creo en Dios” ✍️ 💉 @maradona @eduardo_co19 👏👏👏
Gaspar Servioさん(@gasparservio)がシェアした投稿 -

「神を信じている」という言葉とともに、なんと監督であるマラドーナの顔を腕に彫ってしまったのだ!

なお、セルビオはアルゼンチン人だが、もとはリーベルで育成された選手。マラドーナがプレーしたボカとは宿敵の間柄にあるが、それでもやはりマラドーナは別格ということだろうか。

ただ、チームは現在最下位と苦境にある。それでも「諦めない」と語る神マラドーナはドラドスを救えるだろうか。