『FourFourTwo』は2日、「冬のマーケット最終日に行われたプレミアリーグの移籍ワースト10」という記事を掲載した。

今年も1月のマーケットが終了し、多くのクラブが補強を行った。これまでプレミアリーグのクラブが行ってきた締切日の「駆け込み移籍」の中で、最も効果を表さなかったものとは?

10位:エリック・ジェンバ=ジェンバ(2005年)

エリック・ジェンバ=ジェンバ

移籍:マンチェスター・ユナイテッド→アストン・ヴィラ

移籍金:150万ポンド(およそ2.18億円)

ジェンバ=ジェンバはアレックス・ファーガソン体制のマンチェスター・ユナイテッドにおいて最悪の契約として覚えられている。しかし、アストン・ヴィラが彼を獲得するという決断をした。

デイヴィッド・オレアリー監督は彼の復活を期待したものの、わずか11試合の出場で、バーンリーに貸し出されることになった。

9位:ベニー・マッカーシー(2010年)

ベニー・マッカーシー

移籍:ブラックバーン→ウェストハム

ブラックバーンで140試合52ゴールを決めた南アフリカの英雄的ストライカー。ポルト時代にはチャンピオンズリーグでも活躍した。

2010年2月にウェストハム・ユナイテッドが彼を獲得し、完璧な補強になると思われたが、13試合でノーゴール、怪我だらけで出場できず。契約解除料を払って放出するという結末になった。