『FourFourTwo』は、「イングランド・プレミアリーグの各クラブで最も成功した冬の取引」という記事を掲載した。

シーズン中に選手を新たに登録できる貴重な1月のマーケット。今季も多くのクラブがチームに足りない戦力を補強しようとしてきた。

各クラブがこれまで行ってきた冬の取引の中で最も成功したものとは?

アーセナル:ピエール=エメリク・オーバメヤング(2017年)

ピエール=エメリク・オーバメヤング

移籍金:6400万ポンド(およそ92.84億円)

ボルシア・ドルトムントから獲得されたオーバメヤングは、クラブ史上最も高額な冬移籍になったが、最も成功した取引にもなった。

次点:エマニュエル・アデバヨール

ボーンマス:マット・リッチー(2013年)

マット・リッチー

移籍金:50万ポンド(およそ7250万円)

4部にいたスウィンドンから格安で獲得したリッチーは、3部のボーンマスに加入し、2年後にはプレミアリーグの選手になった。

次点:ライアン・フレイザー、チャーリー・ダニエルズ