昨夏のワールドカップで20年ぶりに優勝を遂げたフランス代表。MFエンゴロ・カンテも大きな貢献を果たした。

【関連記事】エンゴロ・カンテを愛さずにはいられない11の理由

そのカンテとワールドカップトロフィーとの記念撮影を手助けしたのが、スティヴン・エンゾンジだ。

スティヴン・エンゾンジ

シャイすぎるカンテは自分でトロフィーを持つことができず。すると、それを察したエンゾンジが手渡してくれたのだ

『Soccerbible』のインタビューでエンゾンジはカンテとのあの件について語っていた。

スティヴン・エンゾンジ

「(W杯優勝後、カンテの写真撮影を助けたね。あれが彼のキャラを表している?スポットライトを浴びたくない恥ずかしがり屋?)

そうだね、そうしたよ。あれはあの瞬間に起きただけことさ。

彼は主力のひとりだ。非常に重要な選手だし、彼は素晴らしい大会を過ごした。

とってもいいやつなんだ。それが、エンゴロさ。彼はとてもハッピーで、礼儀正しいんだ」

やはり「グッドガイ」という評価。それだけに放っておけなかったという感じだろうか。