先日、破格の待遇でチェルシーとの契約を延長したフランス代表MFエンゴロ・カンテ。

サッカー界屈指の愛されキャラとして知られるが、本人の思いはちょっと違うようだ。チーム公式のインタビューでこう明かした。

エンゴロ・カンテ(チェルシーMF)

「僕はフットボールをプレーしているし、フットボーラーとして見られたい。

人々にはピッチ外での自分に注目し過ぎて欲しくないんだ」

「僕は僕だよ。

うまく説明できないけれど、自分が最高の人間だとは思わない。ピッチ上でも人生においても、僕は僕さ。

勝つときは勝つし、負けるときは負ける。ただ、どんな大会でも常にベストを尽くそうとしている。

それは、僕がいい人間だからとかそういう理由じゃない。僕は自分自身でしかない」

あくまで自然体なだけで、自分ではいい人だとは思っていないという。そして、選手としての自分を見て欲しいとも。