『FIFA.com』のドイツ版は、森保一監督が率いている日本代表チームの若手選手について特集した。

夏のワールドカップを終えたあと、長谷部誠と本田圭佑が代表を離れ、岡崎慎司や香川真司、川島永嗣も招集されなくなっている日本代表。アジアカップでは決勝でカタールに敗れたが、大会後のFIFAランキングでは27位まで急上昇した。

FIFA.comは森保ジャパンで活躍する3名を「次世代の中心選手」として特集している。

【関連記事】日本代表、大会前からの評価を一変させた3名

堂安律(20歳/フローニンゲン)

堂安律

ファンは堂安律がチャンスを得られる日を待っていた。コパ・トロフィー(FIFA年間最優秀若手賞)にノミネートされ、アジア最優秀若手賞に輝いたこともある。しかし彼自身はパフォーマンスに納得していなかった。それは堂安の高い野心を証明するものだ。

韓国で行われたU-20ワールドカップでさらに説得力のあるパフォーマンスを見せた。3つのゴールを決めた。そのドリブルスキルと左足での決定力により、常に危険な存在となっていた。

オランダ・エールディビジのフローニンゲンに貸し出された後、評価を高めて完全移籍。この若い才能は今やフル代表でも期待を一心に受けている。

アジアカップで堂安は2つのゴールを奪取した。ベトナム戦を勝利に導いたPKも含めてだ。その創造性、自信に溢れる態度、才能。この意欲的なチームで重要な役割を演じるべき存在だ。