悲願のプレミアリーグ優勝を目指すリヴァプール。現地水曜日、リヴァプールFWロベルト・フィルミーノは同胞アリソンらとにディナーに繰り出したそう。

『Daily Mail』によれば、マージーサイドに出来た総工費100万ポンド(1.4億円)の新しいレストランを訪れたという。

その際、フィルミーノは愛車ランボルギーニ・ウルスを障害者駐車スペースに停めており、駐車違反の罰金を科される見込み。

イギリスでは「ブルーバッジ(身障者ステッカー)」の提示なしに障害者駐車スペースに駐車した場合、最大で1000ポンド(14万円)の罰金を科されるそうだ。

【関連記事】W杯戦士が自伝で警告!「高級車」はヤバい

25万ポンド(3610万円)の超高級車ランボルギーニ・ウルスに乗っていたフィルミーノは、週給18万ポンド(2600万円)を稼いでいるとのこと。