世界中が注目するビッグマッチ、ミラノダービーが17日(日本時間18日未明)に行われる。

ミランは長くパートナーシップを結んできたadidasに別れを告げて、今季からPumaと契約。このサプライヤー変更は世界中のユニフォームファンを驚かせた。

そこでPuma製ユニフォームを着る初の「ホームでのダービー」を前に、数多の素晴らしい選手が身にまとったadidas時代のロッソネリ(赤と黒)のキットから、印象的な8着を選んで振り返ってみたい。

なおミランとadidasの関係は大雑把に分けると、第1期(1978-80年)、第2期(1990-93年)、第3期(1998-2018年)となる。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

1992-93シーズン

1992-93 ACミラン ロベルト・ドナドーニ

ユニフォーム:ミラン/1992-93/adidas/ホーム

90-91シーズンから始まった第2期adidas時代最後のユニフォーム。91-92シーズンのリーグ優勝により、左胸にはスクデットワッペンが付く。スポンサー「Motta」はミラノにある食品メーカー。