UEFAチャンピオンズリーグでショッキングな敗退を喫したPSG。ネイマールやキリアン・エムバペの去就も騒がしくなりつつある。

その2人をともに最強3トップを形成してきたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ。

ズラタン・イブラヒモヴィッチを抜いてクラブ史上最多得点記録保持者になった彼の契約は2020年6月末まで。現在32歳という年齢だけに契約更新はないとも噂されている。

『Rai Sport』によれば、カバーニに4000万ユーロ(50億円)以上のオファーがあった場合、PSGはそれを受け入れる構えがあるそう。

【関連記事】「愛されながらも、クラブと別れることになった10人のレジェンド」

古巣ナポリやアトレティコ・マドリー、そしてプレミアリーグのクラブからオファーがありうるとされているが…。