今冬マルセイユに移籍したマリオ・バロテッリは再びゴールを量産し始めている。また、セルフィやじゃんけんぽんなど得点後のセレブレーションも話題に。

そうしたなか、驚きの噂話が話題になっている。17日、バロテッリや酒井宏樹を擁するマルセイユはPSGとのフランスダービーを戦った。

『Orange Sports』などによれば、パルク・デ・プランスでの一戦でバロテッリは「マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードのTシャツ」を仕込んでいたという。

つい10日ほど前、PSGはUEFAチャンピオンズリーグでユナイテッドに敗戦。痛恨のハンドをとられた後、PKを沈めた相手はラッシュフォードだった。

 

PSGとしてはラッシュフォードの顔は見たくもないはず。バロテッリはもしPSG戦で自分がゴールを決めたら「ラッシュフォードのTシャツ」を見せつけてセレブレーションをしようとしていたとか。

かつてマンチェスター・シティでプレーしたバロテッリは“シティ派”を公言しているが、パリ戦は「ユナイテッドに勝ってほしかった」と述べていた。とはいえ、Tシャツまで仕込んでいたというのは本当だろうか…。

【関連記事】「CL衝撃敗退…PSGを去りうる3人のスーパースター」

ただ、バロテッリは得点を奪えないまま、GKスティヴ・マンダンダの退場によって65分で交代に。結局、仕込んでいたというネタを披露する機会は訪れず、チームも3-1で敗れている。