ズラタン・イブラヒモヴィッチにかつてマンチェスター・シティ移籍の可能性があったようだ。

それはジョゼップ・グアルディオラ監督と衝突してバルセロナを退団した2010年のこと。

当時の指揮官ロベルト・マンチーニはカルロス・テベスとイブラを組ませたがっていたという。では、なぜシティ移籍を断ったのか…。

『Mirror』によれば、こう述べたという。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「バルセロナにいた時、マンチェスター・シティに行くチャンスがあった。

だが、バルセロナで過ごした時間の後、自分は幸せを見つける必要があったんだ」

「イタリアに戻る。イタリアでは幸せだったし、戻れば幸せになるだろうことは分かっていた。

シティに行ったら幸せになるかは分からなかった、違うチャレンジだからね。

ミランも(自分にとって)新しいクラブではあった。

だが、インテルで3年過ごしていたので、あの街のことは知っていた。

あの国のことも知っていたので、ちょっと安全なカードを選んだのさ」

なお、グアルディオラ監督がシティの指揮官になったのも、イブラがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したのも2016年。

【関連記事】「ペップのマンチェスター・シティが獲得に失敗した5人のスター」

もし2010年に彼がシティに入っていたら、どうなっていただろうか。