1986~2013年までマンチェスター・ユナイテッドを率いた伝説的指揮官サー・アレックス・ファーガソン氏。

同氏のラストゲームとなったのは、2013年5月19日に行われたWBA戦だ。

ザ・ホーソンズでの一戦は香川真司が先制ゴールを決めたほか、途中出場のロメル・ルカク(当時WBA)がハットトリックの大暴れ。

5-5という壮絶なスコアで幕を閉じたあの試合で、あるファンがお宝をゲットしていた。

『Fox Sports』などによれば、それはサー・アレックス・ファーガソン氏が噛んでいたガム。

丁寧に保管されていたというこのガムはオークションによって、なんと39万ポンド(5765万円)という破格の値段がついたそう!

【関連記事】「ファーガソン監督が起用した選手TOP50」 (歴代10~1位)

ただ、収益はマンチェスター・ユナイテッド財団に寄付されるとか。