かつてトッテナムやミランでもプレーした元モロッコ代表MFアデル・ターラブ。圧倒的なボールテクニックを持つ天才と評価された一方、アクが強い問題児でもあった。

そんな彼は2015年にポルトガルの名門ベンフィカと契約。半年間ジェノアへ貸し出された後に復帰したものの、いまだにトップチームでは1試合もプレーできていない。

今季もポルトガル2部リーグに所属するベンフィカのBチームで3試合に出場したのみ。

ただ、『Record』によれば、トップチーム入りが近づいているようだ。Bチームの監督がそのプレーを賞賛しつつつ、トップチームを率いるブルーノ・ラジ監督の構想に入っていると明かしたそう。

【関連記事】 プレミアで早くに燃え尽きた「10代の天才」、10名

ベンフィカとの契約は2020年まであるターラブは5月で30歳になる。ここから復活となるだろうか。