ブラジル1部の強豪フラメンゴは22日、2019シーズンの新しいホームキットを発表した。早ければ24日に行われるカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)のフルミネンセ戦でお披露目となる。

ユニフォームは伝統のボーダー柄だが、今回はやや趣向を凝らしたデザインとなっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Flamengo 2019 adidas Home

フラメンゴ 2019 adidas ユニフォーム

クラブのレジェンドであるジーコも身にまとった伝統のレッド/ブラック。だが、新しいユニフォームはただのボーダー柄ではない。

フラメンゴ 2019 adidas ユニフォーム

レッドの部分には“MENGO”をレタリングしているが、グリッド(格子線)で文字を立体的に見せるという3D技法を用いている。

フラメンゴ 2019 adidas ユニフォーム

アップで見るとこんな感じで、かなり立体的に!もちろん本当に浮き出ているわけではなく目の錯覚で、シンプルなトリックアートとも言える。これは偽造防止の観点からも効果があるかもしれない。

フラメンゴ 2019 adidas ユニフォーム

この新しいユニフォームは前述の通り、最大のライバルであるフルミネンセとの“フルフラ・ダービー”でデビューの可能性が高いようだ。