レアル・マドリーの監督に電撃的に復帰したジネディーヌ・ジダン氏。『OTRO』のインタビューでこれまでのキャリアを振り返ったそう。

『Marca』によれば、現役時代のこんな話も明かしていたようだ。

ジネディーヌ・ジダン

「私はたっぷりと睡眠をとったね。

バーに行くような愚か者ではなかったよ。飲むのは水だけで、ストレッチをしていた」

「最高の選手になるために全てを注ぎ込んだ。どんな代償を支払ってもそうしなくてはいけなかった」

【関連記事】飲酒で破滅したサッカー選手たち

天才的な才能を持っていたジダンだが、最高の選手になるためにお酒も飲まなかったようだ。