日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはリーグアン第31節でボルドーと対戦した。

だが、前半にPKで先制されると後半にはカウンターでとどめをさされ、2-0で敗れてしまった。

そうしたなか、マルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァンの発言が話題になっているようだ。

酒井と右サイドでコンビを組む相棒は、『Canal +』の試合後インタビューでこう言い放ったという。

フロリアン・トヴァン(マルセイユFW)

「3位入りについて?ほぼ不可能になったね。

なぜか?僕らはあまりに多くの勝点をバカみたいに失っているからだ。

負けるべきでない試合で苦戦している。先週(アンジェと2-2)みたいにね…。

今日はちゃんとしたことをやれなかったので、ディティールで負けた、まただ!

ハイレベルにおいては、ディティールが高くつく」

「死んだ、終ったよ。

お話を語るのは終わりにしなきゃいけない。僕らはいいシーズンじゃなかった。

もしCLに行けたとして、何を見せられる?

毎年、同じだ。無駄にシーズンを失っている。

(勝利が)必要な試合に勝てず、あまりにも多くのミスを犯している」

『beIN SPORTS』の記者によれば、「自分たちはゴミクズ」とさえ口にしていたそう…。

昨季はわずか勝点差1でCL圏内の3位を逃したマルセイユ。

【関連記事】 日本代表、コパ・アメリカまでに絶対に試すべきだった5人

今季は5位に甘んじており、この敗戦によって3位との勝点差は8ポイントに。トヴァンとしては今年もかよ…という思いがあるのかも。