ELのフランクフルト戦で衝撃のハットトリックを達成したベンフィカのMFジョアン・フェリックス。

19歳153日でのハットトリックは、UEFAヨーロッパリーグ史上最年少(※UEFAカップ時代を含めると、2007年に当時アトレティコ・マドリーのセルヒオ・アグエロが19歳124日でハットトリックを記録)となり、まさに新時代のスター誕生を予感させる夜となった。

また、この試合ではゴールだけではなく、こんな極上のパスも!

ポルトガル代表とベンフィカのレジェンド、マヌエル・ルイ・コスタを彷彿とさせる創造性に富んだお膳立てで決定的な場面を生み出していた。今季、リベロを務め絶賛されている長谷部誠もこれには脱帽だろうか。

【関連記事】19歳の天才選手が告白!「女性からヌード画像が送られてくる…」

移籍金が100億円以上に設定され、クリスティアーノ・ロナウドとも比較される19歳。同胞のジョゼ・モウリーニョは「比較は馬鹿げている」と過熱する報道を戒めているが、これから彼の周囲は騒がしくなりそうだ。