『Daily Mail』は15日、「マンチェスター・ユナイテッドはフランス代表MFポール・ポグバを1億3000万ポンド(およそ188.58億円)以下で売るつもりはない」と報じた。

今夏のマーケットでマンチェスター・ユナイテッドを離れ、レアル・マドリーに移籍するのではないかと伝えられているポグバ。

レアルの監督を務めているジネディーヌ・ジダン氏はポグバをチームに引き入れたいと考えており、大きな投資を行う用意があるという。すでに水面下では打診が行われているようだ。

しかし今回の記事によれば、マンチェスター・ユナイテッドのディレクター陣は、ポグバの代理人を務めているミーノ・ライオラ氏に対して「1億3000万ポンド以下では売らない」と通告したそう。

【関連記事】レアル・マドリーに加入してキャリアを下降させた10名の選手

ポグバ自身はジネディーヌ・ジダン監督の下でプレーすることに前向きであるという。

しかしマンチェスター・ユナイテッドの設定した価格がかなり高額になったため、代替となる選択肢も検討しなければならない状況になっているとも。